最近の外来診療

医者

最近の泌尿器科は様々な病気を治療対象としています。性感染症の治療や男性の勃起障害の相談を行っているのが、池袋の泌尿器科です。今後は治療内容がさらに多様化すると考えられます。泌尿器科は特に中高年世代にとって頼れる診療科です。

詳細を確認する

尿失禁知る

キットを郵送するだけで結果を知ることができます。梅毒の検査を行なってもらおう。専門の機関がチェックをしてくれます。

女性の気になる悩みの1つ尿漏れは治療が可能です。クリニックに行けば他人に知られること無く改善できるので安心です。

尿失禁の現状

男性

尿漏れは加齢とともに発症しやすく、特に女性の場合は妊娠や出産、閉経などを通じて尿漏れを経験する人が多いと言われています。高齢化しつつある現代社会において尿漏れを感じたことがある人は非常に多く、悩みを潜在的に抱え込んでいる人も少なくありません。女性の患者が多いことから、最近では女性専用の泌尿器外来が多く見られるようになりました。泌尿器科は男性患者が多く、なかなか通いづらいという意見もあったのでこのような変化は大歓迎です。また、尿漏れの治療についても自宅や外出先でできるような骨盤底筋トレーニングがあるので、軽度の尿漏れであれば手術や薬物療法を使わずして解消することも可能です。そのためにも、まずは尿漏れという病気について情報を集めるということが大切になってきます。

改善するためには

尿漏れの治療は完治、もしくは大幅な症状の改善が見込まれます。腹圧性の尿失禁や過活動膀胱の治療には骨盤底筋トレーニングが効果的です。このトレーニングにより尿が漏れないように骨盤底筋を鍛えあげることができます。始めの内はうまく筋肉群を動かせないものですが、慣れてくると感覚を掴むことが出来ます。また、重度の腹圧性尿失禁の場合はTVT、TOT手術を受けることで完治に近い状態まで改善することが可能です。また、切迫性尿失禁の場合は薬物療法などを受けることにより、完治あるいは改善が見込まれます。使用される薬についても日々改良されつつあり、より効果的で副作用の少ないものが開発されています。治療については必ず専門医のもとで相談して、適切な方法を選択することが大切です。

男性のコンプレックス解消

看護師

男性のコンプレックスとなる包茎ですが、最近では泌尿器科で手術を受ける人も増えています。保険が適用される泌尿器科では、その費用はクリニックよりも格段に安く済ませることが出来ます。泌尿器科で包茎手術を受ける場合は、医療目的だけが対象となります。対象となれば安く済みますので、まずは相談すると良いでしょう。

詳細を確認する

尿は健康のバロメーター

看護師

泌尿器科の病気には悪性腫瘍のものと、良性疾患のものがあります。尿の痛みや色などで症状が出やすいので、普段から工夫してそれらの異変に気づきやすくしておくことが大事です。特に注意が必要なのは血尿です。尿の初めから終わりまで血尿の場合は早く泌尿器科の診察を受けるべきです。

詳細を確認する