男性のコンプレックス解消

保険適用で費用を安く

看護師

時と場合によっては人と違うということが大きなコンプレックスとなることがあります。男性にとって、包茎というのはそういったコンプレックスとなることの一つでしょう。それを解消する方法としては手術があります。最近では多くの包茎手術を行えるクリニックが存在していますが、専門のクリニックに行かずに泌尿器科で手術を行う人も増えています。その理由としては、泌尿器科で手術を行う場合には保険が適用されますので費用をだいぶ抑えることが出来るというのがあります。専門のクリニックの場合はどのような状態であれ、保険を取り扱っていないこともあります。クリニックで手術を受ける場合は数十万円かかることもありますが、泌尿器科であれば数万円となるので大きな差があると言えるでしょう。

恥ずかしがらず相談を

泌尿器科は名前の通り尿を作る腎臓や膀胱などの尿路系を扱っていると思われがちですが、他にも副腎などの内分泌系や睾丸や前立腺などの男性生殖器系も扱っています。そして、泌尿器科では男性のコンプレックスを解消する包茎手術も行っています。保険も適用されるために格安料金で済みますが、全ての包茎手術が保険適用になるわけではありません。あくまでも医療目的の手術に限って保険適用されるので、真性包茎や重度の仮性包茎などが対象となります。手術が必要ないのにも関わらず、見た目を変えたいという場合には泌尿器科で手術は行うことは出来ません。対象となれば専門のクリニックで手術を行うのと比べて圧倒的に安く済みますので、まずは恥ずかしがらずに自分の場合はどうなのか医師に相談することが大切です。