最近の外来診療

治療内容が広がるでしょう

医者

現在の泌尿器科外来では多様な疾患を扱っています。膀胱や前立腺の問題や性感染症の治療、各種がん検査などを行っており、男女問わず頼れる診療科としての役割を担っているのが特徴です。池袋のある泌尿器科では、特に性感染症の検査や治療に力を入れています。性感染症は男性の場合、排尿時に症状が現れやすいことからこういった泌尿器科をまずは受診するのがベストです。また、昨今では男性の勃起障害の治療も行っているのが泌尿器科です。池袋の泌尿器科の場合にもこの手の男性の悩みを改善する治療を行っており、具体的な相談が出来ます。こういった様々なケースで泌尿器科に期待が持たれているのが現在の状況です。今後は、池袋の泌尿器科のように幅広い疾患を対象とする医療機関が増えていくと予想されます。

中高年には頼れる存在です

泌尿器科外来が治療対象としている疾患は、実の所中高年世代に多く発症する傾向があります。各種がんはもちろんのこと、尿トラブルはこの世代で頻発する問題です。また、最近では性感染症に罹患する中高年も増えているため、池袋の泌尿器科のような医療機関は幅広い世代が利用すると考えられます。性感染症の中には症状が現れないものもあり、ちょっとした違和感に気付くことが早期治療のコツです。女性の場合には、骨盤底筋の衰えによる頻尿の悩みが特に増えています。泌尿器科ではこういった悩みにも応じており、治療薬やトレーニング、手術などを行って改善へ導くことが可能です。年齢と共に生じてくる悩みは、専門診療科で解決するのがベストと言えます。